ギャンブルをテーマにした優れた映画の数々

ギャンブルにはリスクが付き物です。リスクを取って欲しいものを手に入れるのがギャンブルです。ギャンブルでは、お金を稼ぐためにお金を失うリスクを負わなければなりません。  

ギャンブル 

ギャンブルでは、自分にとって価値のあるものを賭けることになります。また、勝つか負けるか分からないというリスクがあります。 

ギャンブルは有害? 

ギャンブルに害はありません。ただし、大半の人がギャンブルで問題を抱える可能性があります。特に依存症がうつ病を引き起こした場合、心身の健康に害を及ぼす可能性があります。 

ギャンブルをテーマにした映画 

ギャンブルをテーマに作られた映画はいくつもあります。そうした映画は、娯楽知識の提供を目的に作られています。  

• ハスラー 

名もなきハスラーが主人公のドラマ映画で、1961年に公開されました。大物プロプレイヤーから大金を勝ち取りたいという主人公の願望を中心にストーリーが展開していきます。彼は敗北しますが、最強の存在になりたいという思いから決して諦めません。個人的な代償を支払った後、彼は再戦のチャンスを得ることになります。 

基本的に、本作では失敗からの再挑戦がテーマとなっています。複数の大きな賞を受賞した作品でもあります。  

• シンシナティ・キッド

1965年の作品です。1人のポーカープレイヤーがどのようにキャリアを築いていくかを描いています。主人公が、全盛期に最強と呼ばれた老プレイヤーにどのようにして勝利するかが描かれます。リチャード・ジェサップの小説が原作となっています。  

公開当初から大きな話題を呼び、ジョーン・ブロンデルが複数の助演女優賞を獲得しました。

• ベガス・バケーション 

1997年公開のアメリカのコメディ映画です。エリザ・ベルとボブ・ダクセイの原案に基づいた作品となっています。興行収入ランキングでは全米初登場4位を記録し、国内では3,640万ドル以上の興行収入を達成しています。 

• カジノ 

ノンフィクションが原作になっており、カジノのエキスパートである主人公がシカゴのカジノおよびホテルの運営を任されるというストーリーです。主人公サムのカジノ経営、マフィアの関与、彼の結婚の破綻などが描かれます。  

公開当初から興行的に大成功を収めました。 

• Owning Mahowney 

2003年のカナダ映画です。ギャンブル依存症をテーマにしています。ギャンブルのために1,000万ドル以上の窃盗を行ったカナダの銀行員に関する実話に基づく作品となっています。 

ロバート・エバートは、本作を同年公開の映画ベスト10に選出しました 

ここで紹介したギャンブルをテーマにした映画は、

ギャンブルに依存し、全てを失う人々を描いた作品の代表例です。こうした映画は、ギャンブルのキャリアを歩み始めた人々にとっての最高のガイドになり得ます。ギャンブルを始める理由は人それぞれですが、そこには必ず良い点と悪い点があるものです。 

ギャンブルの長所 

• 観光業への好影響 

• 地域経済の活性化 

• 雇用機会の創出 

これらはギャンブルの長所の一部ですが、ギャンブルが常に楽しいものであるとは限らないということを覚えておきましょう。